You are here

センターの沿革

1971年 情報処理センター設置
計算機システム HITAC 8700 導入
 
1976年 総合情報処理センター設置
計算機システムを HITAC M-180 に更新
1977年 一般的情報処理教育を開始 (HITAC M-180)
1988年 スーパーコンピュータ CDC ETA10 導入
1994年 キャンパスネットワーク(Titanet)の運用開始 (Titanet 運用センター設置)
1995年 スーパーコンピュータを CRAY C916/12256 に更新
1997年 Titanet 運用センターを統合
1998年 一年次からの情報教育開始 (SGI Origin2000)
2000年 スーパーコンピュータを SX-5, Origin2000 に更新
2001年 キャンパスネットーワークを更新(SuperTitanet)
研究用計算機システムを COMPAQ GS320 に更新
 
1979年 理工学国際交流センター設置
インドネシア大学との拠点大学交流事業の開始
1980年 インドネシア科学院との拠点大学交流の開始
1984年 バンドン工科大学との拠点大学交流の開始
1986年 フィリピン大学との拠点大学交流の開始
タイ・キングモンクット工科大学との
拠点大学交流の開始
1991年 JSPS、拠点大学交流をプロジェクト方式に変更
 
 
2001年 学術国際情報センターに改組
2002年 グリッドPC NEC Express5800 導入
東京工業大学タイオフィス設立
2004年 光ファイバによる全キャンパス間ギガビット接続
対外線10ギガビット接続
2005年 キャンパス無線ネットワーク運用開始
2006年 TSUBAME Grid Cluster 運用開始
キャンパス共通認証・認可システム (PKI認証) 導入
2008年 TSUBAME1.2 運用開始、SINET3 と10ギガビット接続
2009年 TSUBAME 共同利用サービス開始
2010年 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点
として活動開始
キャンパスネットワークを更新(Titanet3)
キャンパス無線ネットワークを更新(Titanet wireless 2)
TSUBAME2.0 運用開始
SINET4 と接続
2012年 SINET4 と 20ギガビット接続
SINET4(横浜)とすずかけ台キャンパスが直接接続
2013年 TSUBAME2.5 運用開始
2014年 東工大CERT(コンピュータ緊急対応チーム)設立
2016年 SINET5と100ギガビット接続
2017年 TSUBAME3.0 運用開始
PageTop