You are here

HPCI利用法 ― 計算機資源量について

東工大の TSUBAME2.5 では、HPCI の課題審査時に認められた計算機資源量を上限として、ご利用いただくことができます。しかしながら、年度末の経理処理の関係上、1月末日までに当該年度中に利用予定の口数をご申告いただき、最終的な計算機資源の利用可能上限量を確定していただく必要があります。

課題審査時に認められた計算機資源量 = 当初の利用可能上限量

課題審査時に認められた計算機資源量やストレージ容量は、課題公募の選定結果としてHPCI運用事務局のWebページでご確認いただけます。

   HPCI運用事務局 ホームページ > 課題募集 > 課題選定の結果
      平成24年度 「京」を除くHPCIシステム一般利用
      平成25年度(追加募集) 「京」を除くHPCIシステム一般利用
      平成26年度 「京」を除くHPCIシステム一般利用
      平成27年度 「京」を除くHPCIシステム一般利用
      平成28年度 「京」を除くHPCIシステム一般利用

東工大 TSUBAME2.5 の場合、従量課金制度を採用しており、計算機資源量の単位としては口数を用いています。
そのため、この「課題審査時に認められた計算機資源量」が配分口数となり、「当初の利用可能上限量」に相当します。

また、TSUBAME2.5 では「課題審査時に認められた計算機資源量の一部」を消費して「ストレージ容量追加」が可能です。研究課題を実施していくにあたり、ストレージ容量が不足する場合は、ストレージ容量が不足する場合の容量追加申請の手続きに従い、ストレージ容量追加申請を行ってください。

HPCI計算資源の再配分ルールについて(平成27年度より)

 課題実施においては,当初の計画よりも多くの計算資源が必要になった課題や、少ない計算資源で計算を行うことができた課題があり,それらの課題間で計算資源の再配分を行うことで,限られた計算資源の有効活用を行っております.
 平成26年度までは特に再配分ルールがなく、年度末に近づいてから各課題代表者と個別に調整を行ってきました。平成27年度からは、より早い段階からスムーズにかつ公平に計算資源の再配分を行うために、学術国際情報センター 共同利用専門委員会において以下の再配分ルールを定めました。平成27年度は以下のルールに基づいて自動的に計算資源の再配分を行います。

 1. 上半期の追加配分希望(上半期中は随時受付)
  上半期に配分した計算資源より多くの計算資源を必要とする場合には、
  当該課題の下半期配分より前倒し利用を認めます.

 2. 上半期末の残資源の調整(10月に実施)
  各課題に希望を取り、上半期の残資源の50%を上限に下半期への移行を
  認めます.余剰資源については、3.における追加配分の原資とします.

 3. 下半期の追加配分希望(10~12月の毎月末に実施)
  配分資源の90%以上を使い切った課題を対象に10月から12月まで毎月末に
  5口を上限として追加配分希望を取り、追加配分します.追加配分の原資より
  希望口数が多い場合は追加希望資源量に対するドント方式により配分します.

 4. 最終配分口数の決定(1月に実施)
  1月下旬に各課題に1月末までの利用口数と2月と3月に利用予定の口数希望
  を出してもらい、1月末に最終配分口数を決定します.追加配分は配分資源
  の95%以上を使い切った課題に限定し、削減可能口数より希望口数が多い
  場合はドント方式により配分します.

(参考情報,平成26年度までの再配分ルール)年度末に向けた利用予定口数の申告 = 最終的な利用可能上限量

※注意:平成27年度以降は,HPCI計算資源の再配分ルールに従って,再配分しております.以下は,それ以前に行われていた方法です.

年度末の経理処理の関係上、配分口数の範囲内にて、1月末日までに「利用予定口数」をご申告いただく必要があります。ご申告いただいた「利用予定口数」が、「最終的な利用可能上限量」となります。
「年度末時点での利用実績口数」が「利用予定口数」に対して著しく少なくなるような状況にならないように、それまでの利用実績を考慮して「利用予定口数」をご精査いただきますよう宜しくお願いします。

  例1) 当初計画通りに利用実績がある場合 ⇒ 「利用予定口数」=配分口数として申告してください。
  例2) 当初計画以上に利用実績がある場合 ⇒ この場合も、「利用予定口数」は配分口数を超えることはできません。
  例3) 当初計画より利用実績が少ない場合 ⇒ それまでの利用実績を考慮して「利用予定口数」をご精査ください。

ストレージ容量が不足する場合の容量追加申請

TSUBAME2.5 では「課題審査時に認められた計算機資源量の一部」を消費して「ストレージ容量追加」が可能です。選定されたディスク配分量を超えて利用を希望する場合、ストレージ容量追加申請書の黄色いセルに必要事項をご記入いただき、メール添付にて学術国際情報センター hpci@gsic もしくは jhpcn-kyoten@gsic (「@」を半角に変換し、.titech.ac.jp を付けて下さい。)宛に 申請をお願いします。

  • (既に配分済のディスク容量を含めた)希望総容量をTB単位にて黄色セルへご記入ください。
  • 当該月開始前であれば変更可能ですが、作業の関係上、3営業日前までにはご連絡ください。
  • 当該月の場合、追加は可能ですが削減はできません。また、残り日数に関係なく1ヶ月分が課金されますこと、ご承知おきください。
PageTop