You are here

東工大TSUBAMEが2009年6月のスパコン性能ランキングで国内大学1位を達成

2009.06.30
日本語

ISC2009 (International Supercomputing Conferenceの略) で発表された2009年6月のスーパーコンピュータ性能トップ500リストにおいて、東工大の「TSUBAME Grid Cluster」はLinpack性能87.01Tflopsを記録し、東京大学の82.98Tflopsを抜き、国内大学1位を達成しました。この記録は日本4位、世界41位に相当します。

前回2008年11月での記録の世界29位からはランクダウンしましたが、性能は77.48Tflopsから約10Tflops向上しております。この性能向上はGSIC所属研究員の額田彰によるGPU用BLAS(線形代数演算)ライブラリのチューニングと、本学グローバルCOEプログラム「計算世界観の深化と展開」 特任准教授の遠藤敏夫氏のLinpack実装の改良によるものです。

参考URL

http://www.top500.org/list/2009/06/100

PageTop