You are here

モンゴル教育科学省、GSIC 山口しのぶ教授に教育名誉勲章贈呈

2012.11.19
日本語

モンゴル教育科学省、山口しのぶ教授に教育名誉勲章贈呈

 モンゴル国ウランバートル市 : 2012年3月より東京工業大学とJICAが協同で開始した草の根技術協力事業草の根パートナー型プロジェクト「モンゴルにおける地方小学校教員の質の向上—地域性に則したICTを活用した教材開発を通じて」のキックオフミーティングが2012年9月9日に開催された。会議の開催に則し、本学学術国際情報センター山口しのぶ教授のこれまでの教育分野への貢献を讃え、モンゴル教育科学省大臣Gantumur氏より、教育名誉勲章(Honored Worker of the Education Sector)が贈呈された。


モンゴル教育文化科学省大臣から勲章と
花束を授与される山口しのぶ教授


キックオフミーティングにて

 1990年代、ソビエト連邦の崩壊に伴い、モンゴル国では民主化や資本主義経済の導入、国家予算の削減など様々な課題が発露した。教育分野も例外ではなく、教育費の削減、識字率の低下、地方と教育の格差が広がるなどの問題が発生した。山口教授は1993年より、多くの教育専門家と共にモンゴル国において教育関連プロジェクトに携わっており、2004年には冷害に直面した地域において、UNESCO・UNICEFと共に国連人間安全保障基金(UN Human Security Fund)を受け、学校設備の援助および教員への研修を実施した。また2010年より、情報通信技術(ICT: Information Communication Technology)を初等教員研修に導入する試みを開始した。本研究はモンゴル国全土の初等教員を対象とし、文部科学省の協力のもと行われた。2012年よりJICAと共に開始されたプロジェクトでは、教員が自らのアイディアを基にデジタル教材を開発できる知識・技術を身につけることを目的としている。

PageTop